Archive for the ‘未分類’ Category

環境対策車割引について

環境対策車割引は、別名エコカー割引ともいいますが環境に配慮した低公害車に対して行われる割引制度です。環境に対する配慮は地球温暖化や公害などの影響が顕著に出てきてしまっている現在では、絶対に行っていかないといけない分野です。割引を行うことで積極的に環境対策車に買い換えてもらおうという狙いもあります。現在の地球温暖化による地球規模の異変は、あきらかに異常なものになっています。環境に優しい車に乗ることは環境の悪化を防ぐ有効な手段ですから、低燃費車やハイブリッド車などの他にも電気自動車などを購入することによって大きな割引を得ることが出来ます。保険会社の割引は保険会社でそれぞれ細かい部分が違って来るので、比較検討することがとても大事です。一括で比較出来るサイトが存在しますので、どの保険が一番有利かしっかり確認して加入することが大事になってきます。エコカーに関する定義もこれからどんどん変わってくることが予想されます。低燃費や低排出は当たり前のことになって、電気やガスで動くものしか該当しないということも考えられます。車を購入する場合は、環境面のことも考えて購入していくことで環境の悪化を出来るだけ進めないなど対策がとれるようになります。

早期契約割引について

自動車を所有して運転していると、強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
 強制加入の自賠責保険は、交通事故の被害者の財産や身体、時には生命の補償を図る目的ですが、法令で求められる最低限の補償であり、それをもって事故の加害者の責任が完全に果たされるものとは限りません。

 そのため、事故の相手方の損害のうち、自賠責でカバーしきれない部分や、所有者・運転者自身の損害に備えるには任意保険の加入が必要です。
 任意保険は、車の車種や運転者の年齢、走行距離などの諸条件と、補償の内容によって保険料を細かく調整することができます。
 運転する人に若い人がいない場合は年齢条件を付けたり、年間走行距離の制限をすることなどで掛金を節約することが可能ですが、そのために車の運転自体を制限してしまっては本末転倒です。
せっかく保険料を払っているのに、いざという時に条件に該当せずに補償を受けられないということがないように、保険の条件見直しによる過度のスリム化には注意しましょう。

 一方、補償条件ではなく、契約の条件による割引もあります。
 早期契約割引や複数年契約による割引は、保険の条件を制限せずに掛金を節約することができます。

長期優良契約割引について

長期優良契約割引とは割引制度の一つでこれを利用することにより保険料を安くすることが可能です。対象者としてはノンフリーと等級が17~20であり、26歳以上、35歳以上補償の年齢で前年に保険が適用されるほど事故を起こしていない場合に自動車任意保険契約を継続する意志があるときに適応されます。保険会社が適応するもので会社によってその割引額は様々ですが、5%程度のところが多いです。
ただし保険会社によって適応される等級は大幅に異なる場合があるので、どの場合に適応されるかは自分が契約している保険会社のWebサイトをチェックしたり、電話で問い合わせるなどして調べておくことが重要です。補償される事故においてもやや分かりづらい制約があります。ややこしいものの、無事故、無違反のドライバーの場合は確実に適応される制度です。確実に割引制度を適応させるためには無事故無違反のドライバーでいることが大切です。
詳しくは等級プロテクト特約というもので補償された事故の場合は適応されません。ただしノーカウント事故、等級据え置き事故の場合は適応されます。これらの条件にマッチしていても必ず適応されるというものではなく、最近多いのが他の保険会社から乗り換えるというものです。保険会社の変更を検討している方は割引が適応されるかどうかも調べておくといいです。

インターネット割引について

自動車任意保険を少しでも安くするには、いくつかの方法があります。まず各種割引制度を利用することです。たとえば、早期割引を実施している場合は、更新時期が近づいてきたら、忘れずに早期割引内に保険の更新をしましょう。通常、メールや郵便で更新時期が近づいてきている告げる案内が来ますので、案内が来たらすぐに更新手続きを行えば良いでしょう。

また、インターネット割引もあります。インターネットを使って更新すれば、割引が適用されるというものです。保険会社の更新手続きの手間を大幅にカットできることから、かなり大きな割引を設定している場合も多いようです。また利用者もオンラインで簡単に更新手続きができるのでお勧めです。その際に、保険内容を変更することも可能です。そして保険内容を変更すると保険料がいくらになるのかすぐに算出されるので、非常にわかりやすいです。

さらに、保険証を発行しなくても良ければ割引が適用される場合もあります。保険証がなくても特に問題はありませんので、安くあげたい方にはお勧めです。このように、保険内容によって安くすることを試みなくても、様々な割引制度を有効に用いるだけで10%前後保険料を安くさせりことが可能になります。

知っているようで知らない割引制度について

自動車保険には各種割引制度があります。
一般的に知られているものとして運転者の年齢条件に関する特約で、21歳未満・26歳未満・30歳未満・35歳未満と年齢条件に応じて担保するもので35歳未満不担保ではこれ以下の運転者は担保しないということで、35歳以上が値引きが多いことになります。
意外と知られていないこととして35歳未満不担保特約に70歳以上の運転者を不担保となる高齢運転者不担保特約を付加させることで適用される値引です。
最近の車は安全性能がハイスペックとなっているため、デュアルエアバッグ・ABS・横滑り防止装置・盗難防止装置・環境対策車などの各項目にも値引きが適用されます。
近年ではダイレクト通販型自動車保険が成長したことで、現在入っている保険から乗り換えることで大きな差額が生まれ、実質値引きとなるでしょう。
全く同じ保険契約でも数千円から数万円も安くなることがあります。
自動車保険は万が一の保証でとくに交通弱者に対しての賠償責任が大きく、しかし、利用しなければ掛け捨てとなるため、価格を重視されることが多いでしょう。
ただ、通販型であるが故の特有のトラブルも多いため、保険代理店の担当者との対面での加入が良い場合もあります。

保険料を安くするコツ!2台目以降も同じ所有者にする

自動車の保険には強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
 自賠責保険は、主として交通事故の被害者の補償を目的としていますが、法令で求められる最低限の補償で、それによって万一加害者になってしまったときの責任をすべてカバーするものではありません。
 そのため、事故が起きてしまったときの、自賠責でカバーしきれない部分と、運転者や自動車の損害の備えるためには、自動車保険の加入が必要です。

 家族で2台目の車を所有する際には、所有者を同じにして、保険契約者も統一しておくと、保険料がお得になります。
 通常、はじめて契約する際には6等級(割引・割増しゼロ)から始まりますが、現在契約している自動車保険で、新たに買った車を同じ契約者で追加すると、割引等級からスタートします。
 その他、年払いを月払いに変えると、通常保険料が割増しになるところ、複数台契約だと金額が変わらずに支払えるなど、保険会社によってサービス内容や条件に多少の違いがありますが、一台ずつ別々の契約にするよりも多くの特典があります。
 
 保険料の節約、保険契約の管理や、万一の時の窓口を統一しておくことができるので、家族で複数台の車を持つときには、名義を統一しておくのがおすすめです。

保険料を安くするコツ!運転者限定にする

自動車保険は運転できる範囲が広くなればなるほど保険料が高くなりますので、運転者に制限を設ければ保険料を安くすることが可能です。企業などで加入する自動車保険は全年齢不担保になりますので、だれが運転しても保険が適用されます。一般家庭では全年齢不担保にする必要はありませんので、一般的に多いのが家族限定となります。家族以外の運転では保険が使えませんが、一般家庭では家族以外に運転することはほとんどないため特に不便な点は無いと言えます。家族限定の範囲をさらに狭めれば本人限定となりますが、契約者本人にしか保険がきかない状況となります。単身者の一人暮らしであれば特に不便は無いと言えますが、家族限定とするのが無難な選択と言えます。運転者限定は家族限定や本人限定以外にも、年齢による限定があります。21未満不担保から30歳未満不担保まであり、保険会社によって35歳未満不担保を設定している場合があります。年齢制限ですから、設定された年齢以上の人が運転している場合にのみ保険が使えますので、家族限定にするのであれば家族で最も年齢の低い人に合わせるのが一般的です。保険が使える範囲が広くなればそれだけ保険料が高くなるため、家族構成などから制限を設けることが節約につながるのです。

保険料を安くするコツ!年齢の限定をする

任意の自動車保険は必ずし加入する必要はなくて自賠責保険に加入していれば法律的には何の問題もありません。しかし事故はいつ起きるかわかりませんので、任意保険に加入しておくことは加害者になった場合に非常に重要になってきます。任意保険はいろいろな項目の金額や補償を増やすことによってかなり金額が変わってきます。車の維持費は結構金額がかかるので出来るだけ金額を迎えたい場合に年齢限定をすることで保険料を安くすることが出来ます。車を運転する人が決まっている場合で特に若い人が運転しない場合は、年齢に関する項目をきちんと調べておくことが大事です。年齢に関する制限は30才以上であったり35才以上であったりします。30才以上からと35才以上からでは35才以上の年齢を定めている会社のほうが保険料が安くなっている場合が多いです。仮に上限が30才以上までの会社で契約している場合は、他の会社の保険料も確認してみると保険料をもっと安く出来る可能性もあります。年齢が高くなると保険料が安くなるのは、若い人の運転ほど事故が多いという過去の統計が基になっています。保険によっては1才ごとに年齢による保険料の金額が変わる自動車保険もあるので、いろいろな保険を比較することが大事です。

すぐに実行できる保険料

自動車保険の更新時期が来ると契約内容について色々と悩まされることが多いのではないでしょうか。もっと安くならないか・自分に最適なプランを選べないか・別の保険会社なら幾らなのか等。確かに決して安い掛け金ではないですね。乗る自動車、保障内容により随分と掛け金は違うものの、割引がなければ、一般的には数万~数十万ですから。できるだけ最適なプランを選んで保険料を安くしたいところです。この自動車の任意保険というのは共済です。今まで無事故だから大丈夫とかではなく、万が一に運悪く事故に遭遇した際に保険金で償うものです。自動車を運転するなら任意ではなく、加入が必要であると捉えるべきです。さて、その保険の内容についての選び方ですが、保険屋さん、自動車屋さん任せでなく自分で内容を確認した上でプランを決めることが大事です。プロの方の勧めでプランを決めてしまうのではなく、それを参考にして、自分なりのプランを選択することが保険料を安くする最大の方法です。勿論、高額な車をお持ちの方かたは、ある程度のオプションや車両保険などの加入は必須であると感じますが、車両価値の薄くなった車などはエコノミーの対車両などで対応するとか、保険の割引率で15~16位の等級にある人は等級プロテクトとかのオプションを一時的に未加入にするなど、自分に必要なものを選択しましょう。何れにしろ安全運転が最大の節約になることは間違いありませんから。