保険料を安くするコツ!運転者限定にする

自動車保険は運転できる範囲が広くなればなるほど保険料が高くなりますので、運転者に制限を設ければ保険料を安くすることが可能です。企業などで加入する自動車保険は全年齢不担保になりますので、だれが運転しても保険が適用されます。一般家庭では全年齢不担保にする必要はありませんので、一般的に多いのが家族限定となります。家族以外の運転では保険が使えませんが、一般家庭では家族以外に運転することはほとんどないため特に不便な点は無いと言えます。家族限定の範囲をさらに狭めれば本人限定となりますが、契約者本人にしか保険がきかない状況となります。単身者の一人暮らしであれば特に不便は無いと言えますが、家族限定とするのが無難な選択と言えます。運転者限定は家族限定や本人限定以外にも、年齢による限定があります。21未満不担保から30歳未満不担保まであり、保険会社によって35歳未満不担保を設定している場合があります。年齢制限ですから、設定された年齢以上の人が運転している場合にのみ保険が使えますので、家族限定にするのであれば家族で最も年齢の低い人に合わせるのが一般的です。保険が使える範囲が広くなればそれだけ保険料が高くなるため、家族構成などから制限を設けることが節約につながるのです。

Comments are closed.