知っているようで知らない割引制度について

自動車保険には各種割引制度があります。
一般的に知られているものとして運転者の年齢条件に関する特約で、21歳未満・26歳未満・30歳未満・35歳未満と年齢条件に応じて担保するもので35歳未満不担保ではこれ以下の運転者は担保しないということで、35歳以上が値引きが多いことになります。
意外と知られていないこととして35歳未満不担保特約に70歳以上の運転者を不担保となる高齢運転者不担保特約を付加させることで適用される値引です。
最近の車は安全性能がハイスペックとなっているため、デュアルエアバッグ・ABS・横滑り防止装置・盗難防止装置・環境対策車などの各項目にも値引きが適用されます。
近年ではダイレクト通販型自動車保険が成長したことで、現在入っている保険から乗り換えることで大きな差額が生まれ、実質値引きとなるでしょう。
全く同じ保険契約でも数千円から数万円も安くなることがあります。
自動車保険は万が一の保証でとくに交通弱者に対しての賠償責任が大きく、しかし、利用しなければ掛け捨てとなるため、価格を重視されることが多いでしょう。
ただ、通販型であるが故の特有のトラブルも多いため、保険代理店の担当者との対面での加入が良い場合もあります。

Comments are closed.